全国有機農法連絡会は「健康」を理念に掲げ、全国の生産者と提携し、安心でおいしい有機野菜や果物、お米を通販・宅配しています。

雪下白菜(雪中白菜)


雪下白菜・雪中白菜

雪下白菜・雪中白菜のご案内

雪下白菜の収穫

今、この時期、雪国だけの越冬野菜「とろける白菜」
この白菜の収穫時期は11月下旬。この頃の山形は氷点下の冷え込み。
冬野菜にはこの寒さから守るために細胞内に糖分やアミノ酸をため込みます。
すると、氷点が降下し細胞が凍結して破壊されことを防ぐ防衛本能があります。

自分の身を守るように、じっくりとじっくりと甘くなり「味がのった」状態となります。
この白菜が雪のなかでさらに熟成し、とてもおいしくなるのです
とてもみずみずしく、芯の部分は「甘い!」だからサラダも抜群。
白菜漬けでも一味違います。
もちろん、鍋やシチューにするとトロトロになりこれは格別。
雪から掘り起こした野菜が家族みんなをぽかぽかに温めてくれます。

雪中白菜 雪室白菜 雪下白菜 雪室白菜の料理

 お届けするのは、山形の五十嵐さん、熊谷さん、阿部さん、高橋さん、岩月さん、西尾さんの雪中白菜(雪下白菜、越冬白菜などとも呼びます)。有機質肥料を施して土づくりをしているので、実に滋味深い味わいを育みます。安心でおいしい特撰白菜を雪国山形からお届けいたします。


<雪下白菜の越冬方法>


 雪が降る前の12月上旬。白菜を根をつけたまま引き抜きます(十分に育っている場合は根を落とします)。それを写真のように寄せておき、周囲を土で抑え、上には藁やシートをかけ、雪が降るのを待ちます。やがてその上に雪が降り積もり、これが「雪室」となり、このなかで白菜がじっくりじっくりと熟成していきます。ほかには、白菜を横にして数段積み重ねてシートや寒冷紗をかけたり、コンテナに入れてシートかけておくなどの方法があります。


通販専用サイト(全国有機農法連絡会・安心工房)にジャンプします。
雪中白菜「とろける白菜」の通販はこちらへ

雪下野菜のおいしさの理由はこちらへ



通販専用サイト情報