天然わらび 通販 山形

.

みずみずしくとろりとした食感のわらび。春の香りは旬の味覚。


わらびのみずみずしくとろりとした食感と、
口に広がる春の香り。これが堪りません。

よく冷やしたわらびを、
シンプルなお浸しやたたきなどにするだけで
初夏を楽しむ一品のできあがり。

塩漬けにしたり、冷凍しておくことで保存も可能です。
お届けするのは、当会の直営農場のある山(山形県寒河江市)や
その近隣(大江町・朝日町)に自生しているわらびです。

5月中旬ころにはわたしたちの野菜セットに入れたりもしています。


当会直営農場は、昭和30年代の食糧増産期に山を切り崩しながら開拓された場所。
そのため、斜面が多く、そこに山蕗(自生のフキ)や
わらび、笹筍、山独活やタラが自生しています。

ご希望の方はこのようにしてお届けしています。

2kg入り このように鮮度保持袋に入れてヤマトクール便でお届けします。
現在は、灰汁取り用の木灰はおつけしていません。重曹をご用意ください。

1kg 1,200円 クール送料:770円(関東まで)

通販専用サイト(全国有機農法連絡会・安心工房)にジャンプします。

ショッピングサイトでは、販売期間内に「旬のおいしいもの」で表示されます。
4月下旬から5月上旬にはわらびをのぞく、山菜セットもご案内しています。

〜わらびの灰汁抜きの方法(はじめての方)〜

 

1. 大きな鍋にたっぷりと水を入れて沸騰させます。

2. 両端を(穂先と根元は3cmほど)を切り落とします。
※穂先は食用可能です。

3. 鍋の火を止めてそこに重曹大さじ1〜2杯程入れます。
※ぶくぶくしますがすぐに収まります。
ほかに小麦粉と塩を入れて茹でる方法もあるようです。

4. そこにわらびを入れ、落とし蓋をして、そのまま一晩。

5. 水で洗い、試食してみて灰汁が残っていなければ成功。

6. 保存は、タッパーなどに水を入れてそこに浸して冷蔵庫で。



〜干しわらびの作り方〜

灰汁抜きしたわらびの水気を取り、ザルなどにあけて、カラカラになるまで天日干しします。
よく乾燥したら袋に入れて冷暗所で保管します。少量ならば密封して冷凍庫保管が無難です。

〜干しわらびの戻し方〜

灰汁抜きと同じ要領で戻ります。自分で灰汁抜きしたものならば、重曹を入れる行程は不要です。
煮るときは水からほかの具材と一緒に煮込みます。


わらびのレシピ記録(和風だけでなくイタリアンにも相性)

わらび下ごしらえ

わらびと蕪の和え物
わらびと蕪を和えました。
わらびときゅうり
きゅうりと生姜と和えました。
わらびと身欠きニシンの煮物
身欠きニシンとわらびの煮物
わらびのおひたし
シンプルにお浸し。これに鰹節をかける。
わらびのからし醤油
酢みそでさわやかに。

わらびのパスタ イタリアンで
わらびとパスタ出イタリアン。(トマトと相性抜群)

わらびマヨネーズ
マヨネーズに七味もよく合います。


干しわらびの煮物・お酢を多めにしてさっぱり仕立ての煮物。


わらびとトマト
良く冷やした「わらび」と「トマト」の相性よし。オリーブオイルと塩

わらびと柚子胡椒
わらびを柚子胡椒でいただく。
わらびの昆布締め
昆布〆も抜群。

わらびとふきの昆布〆
昆布+わらび+昆布+ふき+昆布の二階建てで昆布〆に。


昆布〆でわらびご飯。

わらびのたたきオリーブオイル
わらびをたたいて、オリーブオイルと塩で味付け。

わらびのパスタ
上のたたきをパスタに。かき混ぜてから食べます。

わらびと素麺
わらびのたたきとわかめ、生姜をのせて。


納豆にわらびを和えて。




ご贈答には、FAXご注文用紙も便利です(PDFファイル) ■ここをクリックすると直接メール送信ができます

<自社PR・今売れている人気商品>
  洗剤も柔軟剤もいらない洗濯剤「ベビーマグちゃん」
 柔軟剤も洗剤を入れる手間、
あの臭いからも解放
 すすぎは一回で節水と時間の節約になる感動の洗濯剤です。

ベビーマグちゃんが人気です。
まずは、ベビーマグちゃんの口コミ情報を集めました
その実力をイメージしてみてください。


通販専用サイト情報